インプラント治療で歯周病で抜けた歯をカムバック|歯科選びが重要

歯医者

削る心配がない

笑顔の女性

歯科で行うホワイトニングは、日常生活において行う歯磨きとはまた違った働きをします。その為、歯磨きでは落ちなかったひつこい黄ばみを取る事ができるのです。仕組みとしては、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布する事によって、ホワイトニング剤が歯の黄ばみの原因を「分解」してくれるのです。黄ばみが分解される事によって、歯の表面は透明になります。この透明の状態は、まだ人の目から見て白い状態ではありません。なぜなら、歯の表面が透明である事によって内部にある黄褐色をした象牙質を透かせて見せるからです。
しかし、ホワイトニングは黄ばみを分解した後に、歯の表面にマスキング効果と呼ばれる働きを行います。これによって、無色透明であった歯の表面を白くみせる事ができます。

歯科で行う治療のインプラントとは、人工歯根を骨に埋め込む治療である事が特徴的です。また、このように埋め込むという方法によって歯を作る際、他の歯を傷つける事もありません。失った歯を作る際、周囲にある健康な歯を削る事があります。
しかし、インプラントは周囲の歯の力を借りて歯を作るわけではないので、このように他の歯に負担を掛ける心配もありません。また、ホワイトニングも同様に歯を白く見せるために対象の歯の表面を削る事もありません。ですから、このホワイトニングもインプラントと同様に、健康な歯に負担を掛ける事無く治療を行えるのです。
歯を白く輝かせることによって、魅力的な笑顔を実現することができるでしょう。